牛久市にあるダイニングバーYOUYOU(ユー)。結婚式二次会などの宴会受付中。サッカー日本代表などのスポーツ観戦もOK!

牛久のダイニングレストラン、ユーユー。
ブログ

クマノミ(ハマクマノミ)

本日は当店の「クマノミ・ペア」の紹介と僕が知る限りの「クマノミの生態」をお知らせしたいと思います。


DSC_1873 DSC_1894 DSC_1874

 

まずは産卵です!!

20年近く海水やっていますが初です

ちなみにこちらのクマノミは「ファインディング・ニモ」に登場した「カクレクマノミ」とは名前が違う「ハマクマノミ」と言います

 

「産卵」どのように育てるのか観察してみました

「ペア」で面倒見よく守っています どちらかというと「オス」がつきっきりで卵を守っています かなり気性が激しくなり近づく他種の魚に対して威嚇してます 自分より大きい魚でもお構いなしです「パパ強し」その間 餌もほとんど食べません 少し心配になります「ショップ」の方に相談してみましたが水槽の中では孵化させるのは無理だそうです 残念凹

 

「クマノミ」の生態ってよく聞くのが「イソギンチャク」と共生することは有名な話ですよね

もう一つ面白い生態が「一夫一妻」でとても仲が良く、どちらかが死なない限り「ペア」は変わらないそうです

 

どうやって「ペア」になるか

「イソギンチャク」にいる「クマノミ」集団の中で一番大きい個体が「メス」になり次に大きい個体が「オス」になり「ペア」になります

その他の個体は「オス」にも「メス」にもならず繁殖行為もしないそうです一つの集団で「ワンペア」だけのようです

 

ここからがまた面白く どうやって「ペア」が入れ替わるか

もし「メス」が死んでしまえば「オス」だった「クマノミ」が「メス」に性転換して次に体の大きい「クマノミ」が格上げで「オス」になるそうです

そうなんです「クマノミ」って性転換する生物なんです

 

 

 

ここからは僕が分からない話です 「ハプニング」を起こしたらどうなるのでしょう?

例えば、他の集団から個体の大きい「クマノミ」を入れたりしたら???

 

 

 

 

 

ブログバックナンバーはこちら
↓関連記事↓
メール会員募集中
お問い合わせ
↑Top↑